2021年9月17日更新

ワクチンパスポートを申請すると何ができるようになるのでしょうか?

日本のワクチンパスポートの発行手続きや有効な国、入国制限や隔離に関する利点などをお伝えします。どこで発行?即日もらえる?手数料は?などわかりやすく解説していますので、海外へ出張やビジネス旅行の予定がある方は早めの確認をおすすめします。

ワクチンパスポートとは?

ワクチンパスポートとは?

Photo by Daniel Schludi on Unsplash

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種済みであることを公的に証明するものです。海外の国へ入国する際に提示します。

観光旅行やビジネス出張でのヨーロッパ内の移動をスムーズにさせるために、EU(欧州連合)が「EUデジタルCOVID証明書」を導入したことが話題になりました。2021年7月からEU全域での本格運用を開始しています。

日本ではワクチンパスポートは海外渡航用の「新型コロナワクチン接種証明書」と呼ばれ、2021年7月26日から申請が開始しました。

ワクチンパスポートで何ができる?

日本のワクチンパスポートを発行して海外へ渡航すると一部の対応国では、入国時のコロナテスト陰性証明書の提示が不要になったり隔離期間の免除されるなどの制限の緩和があります。入国後すぐに活動でき、ビジネス出張や海外旅行者にとっては最大の利点と言えます。

例:
ドイツ→新型コロナウイルス検査の陰性証明書の提示は免除
イタリア→入国後の自主隔離は不要

欧州では「すでにEU人口の6割を超す2億8千万の証明書が発行された。」と報道されています。(「ワクチン証明書」申請受付始まる 世界でも導入本格化

ワクチンパスポートは世界共通?

ワクチンパスポートは世界共通ではありません。承認されているワクチンの種類が国により異なり、ワクチン接種の機会に格差もあるため、世界共通の認証システムは現状ありません。

日本のワクチンパスポートが有効な対象国

現時点(2021年9月17日)での日本のワクチンパスポート適用国は次の通りです。

  • イタリア
  • インドネシア
  • エクアドル
  • エストニア
  • オーストリア
  • オランダ
  • カナダ
  • ガボン
  • コソボ
  • サモア
  • シンガポール
  • スリランカ
  • スロバキア
  • スロベニア
  • セントクリストファー・ネービス
  • セントビンセント
  • タイ(プーケット島、サムイ島、パンガン島、タオ島のみ)
  • デンマーク
  • ドイツ
  • トルコ
  • パプアニューギニア
  • パラオ
  • フランス(米)
  • ブルガリア
  • 米国(グアムのみ)
  • ベトナム
  • ベラルーシ
  • ベリーズ
  • ポーランド
  • 香港
  • ホンジュラス
  • マレーシア
  • モルディブ
  • リトアニア
  • 韓国(9月1日以降、日本が変異株流行国に指定されたため隔離免除が適用されません。)

免除・緩和される具体的な内容は国により異なります。

※フランス国内ではレストラン等の入店に際して「衛生パス(pass sanitaire)」が求められます。

現時点では上記の対象国のみですが、日本のワクチンパスポートは最終的に30カ国以上で有効になる見通しと報じられています。詳細は外務省の海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧で確認できます。

◎ポイント
・上記のワクチンパスポートを使用して行ける国以外は現在確認中で、随時外務省のホームページに公表されます。
・接種証明書を所持していないと海外へ渡航できないわけではありません。
・日本国内での往来に活用するものではありません。

参照:海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

ワクチンパスポート発行方法・申請書類

2021年7月26日から各市町村の窓口で申請受付しています。

申請できる対象者

・新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種を日本で受けた人
・日本から海外へ渡航する予定があり、相手国による防疫措置の緩和が受けられる場合

申請対象外(現時点)

・海外渡航での利用を目的としていない人
・海外でワクチン接種を受けた人

申請先

ワクチンの接種券を発行した市区町村です。(通常は住民票のある市区町村)
1回目と2回目が別の接種券を使用した場合は、それぞれの市区町村が申請先となります。

申請方法は2種類

ワクチンパスポート発行方法・申請書類

Image by Tran Duc from Pixabay

● 自治体の窓口に持参
● 郵送で申請(返信用封筒と切手貼付が必須)

申請に必要な書類

① 各市区町村で用意されている申請用紙(接種証明書交付申請書)
② 海外渡航時に有効なパスポート(有効期限の記載ページ※)の写し
③ 接種券の写し
④ 接種済証または接種記録書の写し

※ 接種証明書にパスポート情報が記載されるため、実際に渡航時に使用するパスポートと同一である必要があります。

各自治体により上記以外の書類を求められる場合があります。必ず自治体の公式ホームページの情報を確認ください。
例:切手を貼った返信用封筒、パスポート以外の本人確認書類の写し(住所が分かるもの)、代理人による請求の場合は委任状、など

ワクチンパスポートの発行費用

費用や手数料は無料(郵送の場合、返信用封筒に84円切手貼付は自己負担)

ワクチンパスポートの発行日数

申請書類一式を受理してから、通常は1週間〜10日程度としている市区町村が多いですが、中には1ヶ月程度としている地域もあります。

ワクチンパスポートの即日発行

即日発行はありません。
速達で受け取りたい場合は、郵送の封筒に速達分の料金の切手を貼っておきます。発行に日数がかかることを考慮し、海外出張や旅行の日程から逆算して、余裕を持って申請しましょう。

ワクチンパスポートの有効期間

現時点ではワクチンパスポートに有効期限の記載はありません。万が一紛失した場合には再発行も可能となっています。ただし、1度の申請で発行してもらえる枚数は1枚です。

ワクチンパスポートの電子申請やスマホアプリ

ワクチンパスポートの電子申請やスマホアプリ

Photo by Lukas on Unsplash

EUのワクチンパスポートはスマホにアプリでワクチン証明をQRコードで表示できるもので、「デジタルCOVID証明書」が運用されていますが、日本ではまだスマホで表示できるワクチンパスポートはありません。

現在は書面ですが日本も「デジタル化も視野に入れている」とのこと。今後は電子申請やアプリでワクチンパスポートの表示ができるなど便利になることが期待されています。

日本に再入国(帰国時)の自主隔離はどうなる?

日本でワクチンパスポートを取得し海外へ渡航し、日本へ帰国・再入国する際は、ワクチンパスポートの有無にかかわらず各種措置(検疫や自主隔離)の対象となります。

現時点では日本での入国制限の緩和や自主隔離の免除は一切ありません。

くわしくは、日本に入国する際の必要書類や自主隔離の解説をご覧ください。

ワクチンパスポートについての問い合わせ先

● ワクチンパスポート制度に関する一般的な質問
厚生労働省コールセンター:0120-761-770

● 発行窓口や手続きの方法などについて
ご自身がワクチン接種を受けた各市区町村に問い合わせください。

こちらもおすすめ

帰国者の空港送迎&快適な自主隔離をサポート

自主隔離パッケージ

日本帰国時の成田/羽田空港へのお迎え&家具家電付マンションでの自主隔離滞在のパッケージをご案内しております。

メトロレジデンスの自主隔離パッケージ

  • 到着時の空港へ専用車でお迎え
  • 台所用品や洗濯機など完備!自宅のように自由に過ごせる
  • 一人用から家族向けの広いお部屋まで選べる
  • インターネット込み、チェックインしてすぐ仕事も可能

メトロレジデンスのマンションは都内の便利な立地に位置しているので食事のデリバリーや宅配サービスの利用が便利です。

お部屋のタイプや料金はRide & Stay パッケージをご覧ください。

お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
・ メール
・電話 03-4405-5226

日本入国体験談

日本へ入国する方や帰国者が情報交換をするFacebookコミュニティ「Return to Japan Support Group」をメトロレジデンスはサポートしています。最新の情報収集にお役立てください。

Related Articles

MetroResidences

◇Follow MetroResidences◇ サービスアパートメントの最新情報やお得なキャンペーンをメトロレジデンスのFacebookInstagramTwitterでお届けしています。ぜひフォローください!