海外から日本に入国する方必見!帰国前に知りたい日本の空港での流れ、宿泊施設送迎について2021年情報をお届けします。

自主隔離に最適な宿泊施設と成田・羽田空港送迎のパッケージをご紹介。さらに帰国後の14日間の自主隔離をスムーズに過ごせるよう知っておくべきポイントをまとめました。

成田・羽田空港に帰国後の流れ

成田・羽田空港に帰国後の流れ

Photo by JC Gellidon on Unsplash

日本に帰国すると、検疫→入国審査→手荷物受け取り→税関検査場→空港から出られる→14日間自主隔離という流れになります。

まず、日本の空港到着後、検疫で新型コロナウイルス検査(抗原検査)を受け結果を待ちます。 検査は日本人・外国人、日本に入国する全ての人が対象で、待ち時間はおよそ2〜3時間ほどとされています。

事前に準備を求められている書類の提出や、携帯電話にインストールをするよう指定されているアプリなどの確認があります。書類やアプリについては「日本入国の流れ(出国前検査証明・コロナテスト)」で詳しく解説しています。

空港での検査結果が陰性と判明したら空港外に出られますが、陽性となった場合は現場で指示を受け指定の宿泊施設または医療機関へ移動します。陽性になった場合、自分で予約していた宿泊施設のキャンセル料は自己負担となります。

空港から自主隔離への流れは、出国した国により異なります。

変異株流行国(地域)に指定されている国から帰国する場合:

・空港で検査を受けた検査結果が陰性であっても、検疫所が確保する宿泊施設で3日間待機(隔離)。※宿泊施設の滞在費用は国が負担。待機場所のホテルの詳細は、入国時に検疫から案内され、事前に知ることはできません。
・入国から3日目に再度検査を受け、陰性の場合は宿泊施設を出て、残りの期間を自主隔離。

日本入国前に、出国する国が指定されているか最新情報をご自身で確認してください。

自主隔離14日間の数え方

自主隔離2週間いつからいつまで

自主隔離14日間は入国日の翌日から数える

帰国後の翌日が1日目となり、14日間の自主隔離期間を経て、15日目から自由に移動できます。空港到着日から数えると16日目に公共交通機関の利用が可能になります。

従って、自主隔離場所を自分で確保する場合15泊の予約が手配します。

  • 14日間の自主隔離では15泊16日の宿泊施設の予約が必要
  • 11日間の自主隔離では12泊13日の宿泊施設の予約が必要

how to count quarantine days

自主隔離の宿泊施設の定義とは

14日間の待機場所(自主隔離)は「自宅、社宅、親戚の家、友人の家、マンスリーマンション、ご自身で予約したホテルなど」と指定されています。(厚生労働省「水際対策の抜本的強化に関するQ&A」)

トイレやお風呂など、複数の人が共同で使用する場所がある施設は対象外」となっているため、1棟貸しなど貸し切りで設備が利用できる場所でないといけません。ゲストハウスや民泊(Airbnbなど)を検討する際は、キッチンや風呂トイレを他の人とシェアしないことを確認しましょう。

自主隔離の受け入れをしているホテル例

入国者専用バスが運行しているホテル一例(2021年1月6日更新)

  • The Okura Tokyo
  • ANAインターコンチネンタルホテル東京
  • ホテルニューオータニ
  • ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町
  • 赤坂エクセルホテル東急
  • ザ・キャピトルホテル東急
  • 小田急ホテルセンチュリーサザンタワー
  • ホテルサンルートプラザ新宿
  • 京王プラザホテル
  • ハイアットリージェンシー東京
  • 新宿ワシントンホテル
  • パークハイアット東京
  • ヒルトン東京

(自主隔離受け入れホテル状況および入国者専用バスの運行予定は予告なく変更される場合があります。)

ホテルでの滞在は3密(密閉、密集、密接)を防ぐため、様々なルールが設けられています。
一例:

予約可能な部屋タイプが限定
マスクの着用とホテル内各所のアルコール消毒液の使用
チェックイン時、レストラン利用時など体温計による検温
利用客同士の身体的距離の確保
滞在中の清掃サービスがない
シーツなどの交換、セットは自分⾃身で

ルールは各ホテルにより異なりますので、ご予約前に確認されることをおすすめします。

不特定多数の人が利用するホテルはルールが細かく定められているほか、選べる部屋が限られており、自炊や洗濯が部屋の中でできないことが多いです。

自炊ができ、掃除や洗濯も好きな時に行えるのはマンスリー(ウィークリー)マンション滞在がおすすめです。お子様づれのファミリーに最適な間取りを選べるのもメリットです。

メトロレジデンスでは帰国者の自主隔離をサポートする2週間のマンション滞在プラン「Ride & Stayパッケージ」を提供しています。メトロレジデンスのマンションは都内の便利な立地にあるため、自主隔離14日間終了後の移動もスムーズです。

費用、食事、外出ルールは?

自主隔離の費用は自己負担です。宿泊費や食事など2週間の自主隔離にかかる費用の補助などはありません。

外出ルール(誓約書の内容)
・他者との接触を行わないこと
・公共交通機関を使用しないこと
・携行するスマートフォンの地図アプリの位置情報の保存
・マスク着用、手指消毒の徹底、3密(密閉・密集・密接)の回避を努める

自主隔離中の買い物や食事については「自主隔離期間の買い物・食事・外出はどうすべき?」で詳しく解説しています。

自主隔離の罰則は?

全ての帰国者に対し、入国後14日間の自主隔離は要請であり現時点では罰則などについては定められておりません。しかし、誓約書の内容に違反した場合は氏名が公開される場合があります。

詳しくは「帰国者の自主隔離の誓約書とは|14日間守らないと罰則や罰金は?」で解説しています。

空港から宿泊施設への移動は?

不特定多数が利用する公共交通機関で移動しないよう要請されています。

交通手段
OK:自家用車、レンタカー、ハイヤーなど
NG:電車、バス、タクシー、国内線飛行機、新幹線、旅客船など

迎えを手配する場合は、空港での検査結果が出るまでに2〜3時間ほどかかるとされているため、その時間を考慮して予約しましょう。

入国者専用リムジンバス
成田空港、羽田空港から赤坂エリアと新宿エリアの指定ホテルのみ、貸切バスが有料で運行しています。詳しくは入国者専用バスのご案内および注意事項でご確認ください。

14日間の自主隔離+送迎パッケージ

furnished apartment in Tokyo Shinjuku

メトロレジデンスでは帰国時に安心な、空港へのお迎えと14日間の自主隔離に最適な家具家電付きマンションの自主隔離パッケージをご用意しております

おしゃれなインテリア、築年数の浅い物件、ホテルのような洗練された空間に、キッチンや洗濯機などが備わり、普段に近い形で快適にお過ごしいただけます。水道光熱費、WiFiも料金に含まれており、チェックインしてすぐにご利用いただけます。

1K、1LDK、2LDKのお部屋もお選びいただけ、ご家族での滞在にもぴったりです。

お部屋タイプの詳細はRide & Stayパッケージのページでご覧いただけます。

空港送迎と自主隔離宿泊施設

問い合わせ&申し込み方法

  1. お問い合わせフォームメール、またはお電話03-4405-5226でご連絡
  2. 空室状況の確認
  3. 申込書の記入
  4. お支払い(予約確定)
  5. 送迎、鍵の引き渡し

チェックインは15時以降
チェックアウトは11時まで

キャンセル料無料:フライトスケジュールの変更や空港での検査結果可用性の場合などやむを得ない事情による場合に限ります。※対象物件のみ

こちらもおすすめ

帰国者の体験談や最新の日本入国情報

日本入国体験談

メトロレジデンスでは帰国者のサポート情報交換を行う Facebook コミュニティ「Return to Japan Support Group」を運営しています。最新の情報をチェックしたい方は帰国前にぜひご覧ください。

Related Articles

◇Follow MetroResidences◇ サービスアパートメントの最新情報やお得なキャンペーンをメトロレジデンスのFacebookInstagramTwitterでお届けしています。ぜひフォローください!
MetroResidences