東京への単身赴任が決まったら湧いてくる様々な疑問、引越し前に知っておきたいポイントを詳しく紹介します。

東京のどこに住む?住みやすい街は?
物件の選び方、ワンルームアパートか家具付きマンションか?
引越し費用の相場は?
東京の生活費の目安は?

限られた時間の中で、スムーズに単身赴任の物件探しと引っ越しができるよう確認していきましょう。単身赴任者におすすめの街も紹介します。

単身赴任の引越しに必要な準備

単身赴任の引越しに必要な準備

Image by hana+choco from photo AC

単身赴任で東京へ引っ越しとなると、忙しい仕事の合間でマンション探しや引っ越しの準備、買い物や様々な契約手続きなど、やることはたくさんあります。

・東京の物件探し
・引越荷物の荷造り
・家具家電の準備
・引越し業者の手配
・電気、水道、ガス、インターネット手続き

これらが済み、ようやく、引っ越し→入居→荷ほどき→家具家電の設置となります。

東京のマンション探し、物件の選び方

単身赴任は期間が限定されており、ずっと住む家ではないため、何を重視したいかを明確にしたほうが良いでしょう。

通勤にアクセスの良い立地

東京で仕事のために住むので、地方生活のように車で移動して広い家に住むというよりは、通勤のしやすさ、利便性が最重要ではないでしょうか。

中心地から離れると家賃は割安になりますが、長い通勤時間で疲弊していては仕事の生産性も落ちてしまいます。毎日職場へ通うのに乗り換えが少ない、通勤時間の短いエリアのマンションを選びたいものです。

家族の家や実家への帰りやすさ

東京のマンション探し、物件の選び方

Image by FineGraphics from photo AC

週末に家族の家へ帰りやすいよう、新幹線や空港へのアクセスも大切です。単身赴任者が忘れてはいけないポイントです。

離れた家族に会うのに交通の便が悪い場所だと、頻繁に帰るのが一苦労となってしまいます。

スーパーが近くにあるか

単身赴任は二重生活となるので、節約するためには自炊は欠かせません。忙しくて自炊できなくても、お惣菜やちょっとした食材を自宅で食べられれば、毎日外食よりは格段にお金をセーブできます。

スーパーや商店街があり日用品の買い物がしやすいか、さらに病院やドラッグストアなども地図で確認するとよいでしょう。

主要な駅に近い物件であれば利便性が高く、生活必需品の買える場所は充実しており、足りないものがあってもすぐ買い足せます。

オンラインで内見&契約ができるマンション

単身赴任の前に、何度も物件探しのために東京へ足を運ぶのは時間的にも交通費も厳しいものです。内見、契約ができるだけオンラインで済ませられる不動産会社が理想的でしょう。(※賃貸は対面での説明が必要)

不動産会社によっては、非対面型でチャットやメールでスムーズにやりとりができ、内見と同じように部屋の中がわかる詳細な画像や間取りを確認できます。

単身赴任の期間が2年以上の長期ならば賃貸物件が適しますが、半年から1年または2年未満であれば、初期費用の負担が少ない家具家電付きマンスリーマンションが良いでしょう。

東京で単身赴任にかかる初期費用の相場

東京で単身赴任にかかる初期費用の相場

Image by チョコラテ from photo AC

東京で賃貸にかかる初期費用の相場

敷金家賃1〜2カ月分80,000〜160,000
礼金家賃1〜2カ月分80,000〜160,000
前払い家賃家賃1〜2カ月分80,000〜160,000
不動産会社への仲介手数料家賃0.5~1カ月分40,000〜80,000
火災保険料1~2万円10,000〜20,000

東京23区内で、一人暮らしの賃貸はおよそ8万円ほどと言われ、初期費用は約29〜58万円くらいになります。さらに、鍵交換費用が上記に加算されることもあります。

マンスリーマンションの場合は、通常の賃貸物件にかかる礼金・手数料が無料で、初期費用は安く抑えられます。

家具家電を買い揃える費用の相場

一人暮らし用の家具家電を揃えないといけません。家族の家で使っている物は持ち出せないので、別に一式を買い揃え、退去するときには中古で売ったり廃棄処分(有料)が必要になります。

家電は中古や一人暮らし格安のセットで10万円ほど、新品でそれぞれ買えば15〜20万円ほどが相場です。さらに家具がテーブルやベッド、カーテン、収納、食器・調理器具など細々とかかります。

マンスリーマンションなら家具家電はもちろんのこと、寝具やキッチン用品も揃っている物件もあり10〜20万円の初期費用が抑えられます。

電気、水道、ガス、インターネット契約

賃貸物件の契約が済んだら、同時に電気・水道・ガス等の契約手続きが必要です。引っ越したらすぐ生活が始められるよう開通の準備をします。

マンスリーマンションでは、通常、月の賃料に光熱費やインターネットの料金が含まれているため、自分で契約手続きなどは一切不要です。

単身赴任の引っ越し費用の相場

単身赴任の引っ越し費用の相場

Image by sorara from photo AC

住所が決まるといよいよ引越し業者探しです。単身パックを利用するのが安価に抑える方法ですが、運べる量は専用ボックス1つと限られており、かなり少量です。

もし、ベッドなど大きな家具や家電も送りたいとなると別料金がかかります。荷造り内容を明確にしてから、費用の確認をしましょう。

単身パックの料金相場は関東以外から東京23区内へは、現住所の場所によりことなりますがおよそ5万〜10万円くらいが目安です。

参考情報
単身パック1ボックス:横幅108cm×奥行き104cm×高さ175cm
料金:福岡→東京の場合、基本47,300円、土日祝日配達+2,200円、繁忙期+5,500円(税込)
(参照:https://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/moving-s/tanshinpack-s-l/)

1万〜2万円と安く宣伝されているものは、近距離の引っ越しや、オフシーズンの場合が多く、単身パックの料金は距離や時期により異なりますので、場所と日時を指定して調べてください。引越し業者の繁忙期は3〜4月です。

荷物少なく引っ越しができるのは、家具家電付きのマンションです。服や身の回り品以外を送る必要がないので、スーツケースだけで引っ越しも可能です。季節ごとの服などは、帰省した際に随時運ぶ程度で済むでしょう。

東京一人暮らしは家具家電付きマンションがおすすめ

東京一人暮らしは家具家電付きマンションがおすすめ

メトロレジデンスの家具家電付きマンション例

単身赴任用に家具家電を買い揃えたり、引っ越しの荷造りや費用など、手間やコストが大きく削減できるのは家具家電付きマンションです。

家具家電付きのマンスリーマンションは、生活に必要なものが全て揃っています。

マンスリーマンションに含まれる家具家電
冷蔵庫照明
調理器具エアコン
食器ベッド・シーツ
洗濯機タオル・カーテン
電子レンジ掃除機
テレビアイロン
メトロレジデンスの例)

賃貸よりも月額賃料は割高ですが、忙しい単身赴任者に最適なメリットがあります。

・敷金礼金がかからず初期費用が賃貸物件より安い
・家具家電の購入が不要
・引っ越し費用が削減できる
・光熱費やインターネット込で手続きが不要

東京での生活費の平均的な目安

東京での生活費は地方よりも割高になります。東京で一人暮らしの一般的な光熱費は月1万円ほどです。それにプラスして、必要であればインターネット回線の契約費用かかります。

光熱費+通信費:約20,000円
食費:約30,000円〜60,000円
交際費:約20,000円
交通費:場所による

食費は自炊をするか外食かで大きく差が出る部分です。3食自炊して1日千円ほどで過ごせば月3万円ですが、毎日外食すれば1食千円前後はかかり月の食費は2〜3倍になります。飲み会に参加すれば1度に3〜5千円はかかります(交際費)。自炊環境の整った部屋であれば月々の生活費が大きく節約できます。

その人の生活スタイルにより大きく異なりますが、日用品や雑費なども含めると7〜10万円くらいは目安となります(家賃を除く)。家族の家へ帰省する費用もこれらに加えてかかります。

住民票を移す?

通常は引っ越すと、新しい住所のある市区町村に14日以内に住民票を移します。

しかし単身赴任の場合は、家族の生活拠点は変わらず同じ場所で、定期的に帰省するため、法律上も住民票を移す必要はないとされています。

住民票を移さないで困るデメリットは、住んでいる地域での行政サービスを利用できないことなどがあります。運転免許証の更新案内が登録住所(家族の家)に届き、地元で更新を行わなくてはならないこと(優良運転者の方は住所地以外で更新手続き可能です)。そして選挙の投票も、住民票のある場所になります。

東京で単身赴任におすすめの住みやすい街

通勤時間に1時間〜1時間半かかるようでは、疲れて仕事のパフォーマンスも落ちますし、帰宅してから自炊する気力も残りません。

アクセスが良く、生活必需品の買える場所が充実している主要駅エリアが単身赴任者には住みやすいです。

おすすめの住みやすい街

東京の家具付きマンション・メトロレジデンスの特徴

Citadines Shinjuku Tokyo

メトロレジデンスの家具家電付きマンション例

アクセス良好の駅近物件を揃えたメトロレジデンスのマンスリーマンションは、忙しいビジネスマンの東京生活をサポートします。

・非対面型でデジタル契約(来店・郵送不要)
・礼金・手数料が無料
・1ヶ月前通告なら解約料がかからない
・忙しい単身赴任者に最適なハウスクリーニングサービス※
・コンシェルジュサービスにより専門スタッフが滞在

※週に1回の定期清掃(タオル・シーツ交換を含む)をオプションで提供しています。

メトロレジデンスでは、マンスリーマンションだけではなく、1,000件以上の賃貸物件も紹介しています。入居が難しい外国人の方から、タワーマンションやペット可物件など、こだわりの強いハイグレードなマンションをお探しの方もぜひご相談ください。

法人契約もメトロレジデンスは多く承っており、国内外を問わず多くのお客様にご利用いただいています。出張やビジネス利用のリピーターの方も多く、100件以上のご意見ご感想をいただいており、ご滞在者様から90%以上の高評価をいただいています。

お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
・メール booking.jp@metroresidences.com
・電話 03-4405-5226

〜こちらもおすすめ〜

MetroResidences

◇Follow MetroResidences◇ サービスアパートメントの最新情報やお得なキャンペーンをメトロレジデンスのFacebookInstagramTwitterでお届けしています。ぜひフォローください!