東京へ出張する場合ビジネスホテルマンスリーマンションどちらに泊まるのが良いのでしょうか?

数日間の短期出張、数週間から数ヶ月や1年にわたる長期出張、ビジネスホテルとマンスリーマンションに宿泊するそれぞれの違いやメリットなどを見ていきましょう。

出張するご本人様、または人事や総務の担当者様必見です。

出張手配 – 宿泊先の確保は重要な業務

出張手配は移動手段を調べてチケットを手配したり、宿泊先の予約手配を行い、事務処理など細々と作業が伴います。

・移動手段を調べ、チケット手配
・宿泊先予約手配
・申請書類の作成・承認
・費用の建て替えや事務処理

社内の旅費規定に沿った宿泊施設を探す必要があり、出張前の申請書類の作成や、出張費用の立替、事務処理など、様々な手続きや報告なども伴います。

中でも宿泊先の確保は、仕事場所や取引先へ通う交通の利便性も考え選ばなくてはなりません。宿泊日数が長期になってくると、出張する人がより快適に日々の生活ができることも重要となってきます。

出張する社員(従業員)の生産性を上げる宿泊場所選び

出張する社員(従業員)の生産性を上げる宿泊場所選び

Image by Gerd Altmann from Pixabay

限られた出張期間内に普段と異なる環境下で、社員が生産性高く仕事ができる環境を用意することは会社にとっても大きな意味があります。仕事場所や商談の場所へのアクセス、また仕事後の会食から夜遅く帰る場合不便ではないかなども、宿泊先の選択時に考慮に入れる必要があります。

駅から徒歩何分か、乗り換えが少なく移動しやすい駅か、近くにコンビニやスーパーがあるかなどはチェックする必要があります。また駅近だからといって、あまりにも繁華街の中だったり幹線道路の近くだと、うるさすぎて窓が開けられないや眠れないなどの問題があっても仕事のパフォーマンスへ影響が出てきます。

宿泊先でリモートワークをする場合、部屋にインターネット環境が整っているか作業デスクはあるかも欠かせないポイントです。

・駅まで徒歩何分
・乗換少なく仕事場所へアクセスしやすい駅か
・コンビニやスーパーが近くにあるか
・うるさすぎて眠れないようなロケーションではないか
・インターネット環境が整っているか(有料か無料か)
・パソコンを置いて作業できるデスクと椅子があるか

その他にも車での移動が必要な場合、駐車場の有無も確認が必要です。また一週間近く連泊するようになると洗濯物ができるかどうかも生活の質を上げ、社員の出張滞在の満足度も上げることができるでしょう。

出張は長時間の移動が伴い、普段とは違う環境で生活するため心身ともに疲労が溜まりがちです。3食外食となると体調管理にも影響が出てくる可能性もありますし費用がかさむ面もあります。

社員の睡眠・食事・ストレス軽減を含めた健康管理は仕事の生産性を上げる上で欠かすことはできません。コストだけで宿泊施設を選ぶのではなく、周りの環境や宿泊施設の設備が整っているかも事前に確認しておくと、社員の満足度と良いパフォーマンスを得ることに繋がるでしょう。

マンスリーマンションとビジネスホテルの設備の比較

出張の宿泊施設で選ばれることの多いビジネスホテルとマンスリーマンションの具体的な違いを見ていきましょう。

ホテルとアパート違い

Photo by putimelati from PhotoAC

ビジネスホテルは宿泊する(眠る)ことがメインであるため、宿泊に必要最低限のものが備えられています。

・最小限のスペース:広さ10〜15㎡程度
・ベッド
・テレビ
・風呂
・トイレ
・タオル
・小さい冷蔵庫
・毎日の清掃
・コインランドリー(有料)

ガリシア御殿山

マンスリーマンションは通常通りの生活を行える環境を提供することがメインなので家具家電が充実しています。

・ビジネスホテルよりは広いスペース:広さ20~25㎡程度
・冷蔵・冷凍庫
・調理器具
・食器
・洗濯機
・掃除機
・テレビ
・タオル
・テーブル
・イス
・収納
・定期清掃(有料)

ビジネスホテルとマンスリーマンションの最大の違いは、部屋の広さ、清掃のタイミング、家具家電の点です。

ビジネスホテルに比べマンスリーマンションは部屋の広さが2倍近くあり、スーツケースを広げることに問題もありません。収納スペースもあるので服や持ち物を収めることもできます。

日々の清掃があるのがビジネスホテルのメリットになりますが、毎日人の出入りがあって落ち着かない、部屋でリモートワークをしたい場合はマンスリーマンションの方が落ち着けるでしょう。マンスリーマンションでは週ごとの定期清掃または退出時の清掃が主になります。

ビジネスホテルでは3食外食になりますが、マンスリーマンションではキッチンがあり調理家電や食器なども揃っていますので、自炊もでき、スーパーでお惣菜を買ってきて温めて食べるなど他の選択肢も選べるところが大きな違いです。外食を減らすことにより出費も抑えられます、健康管理もしやすくなります。

次に費用面での比較を見ていきましょう。

短期出張 1週間・1ヶ月 料金相場比較

シングルルームの場合の料金相場を比較します。

マンスリーマンション ビジネスホテル
1週間料金相場 50000~72000円 42000~60000円
特徴比較 広さ20㎡前後 広さ10㎡前後
賃料およそ30000~42000円/週

+初期費用・清掃費

およそ20000~30000円前後

キッチンや家電はなし

コインランドリー

目安 洗濯300円+乾燥300円

1ヶ月料金相場 170000~230000円 200000~300000円

1週間程度の短期出張はビジネスホテル

数日から一週間の東京短期出張の場合は、通常ビジネスホテルが費用はお得になります。

ウィークリーマンションか、一週間単位での賃貸が利用できるマンスリーマンションの場合、滞在するエリアにより異なる面はありますが、賃料およそ30000~42000円/週+初期費用・清掃費30000円前後が目安となります。

短期出張の場合割安になるビジネスホテルですが、混雑している時期の場合、満室日があり連泊できなかったり、繁忙期や祝日を含む場合は、予定していた一泊料金より割高になることもあります。

1ヶ月以上の出張はマンスリーマンション

出張期間が1ヶ月になるとマンスリーマンションの方が安くなります。

東京の1Kのマンスリーマンションの宿泊費平均相場は1日5,000円程度とされ、1ヶ月間使用すると、15万円程度が賃料となります。 マンスリーマンションよりも少し割高になるビジネスホテルは、宿泊料金の他にコインランドリーの利用や毎回の外食などがマンスリーマンションの滞在よりもさらに加算されます。

マンスリーマンションの運営会社によっては光熱費や寝具が含まれている/別途請求されることもあり、条件が違う場合もあるので留意して比較しましょう。

長期出張 3ヶ月・半年・1年 料金相場比較

マンスリーマンション ビジネスホテル
3ヶ月料金相場 460000~550000円 600000~870000円
6ヶ月料金相場 900000~1070000円 1220000~1740000円
1年間料金相場 1770000~210000円 2440000~3480000円

シングルルームの場合の料金相場を比較。

長期出張はマンスリーマンションがお得

長期出張になるとマンスリーマンションがホテル滞在よりも大きく割安になってきます。

料金だけではなく生活スペースもマンスリーマンションはビジネスホテルよりも2倍近く広いことが多いので、出張者の生活の快適度は高くなることでしょう。

ホテルのように不特定多数の人が毎日出入りする環境と異なり、マンスリーマンションは通常の賃貸マンションなので、セキュリティ面の確保と比較的静かで落ち着いた日々の生活が送れる面も、長期滞在の場合はメリットとなります。

メトロレジデンス法人契約の5大メリット

Best Serviced Apartments in Ebisu●選び抜かれた物件

アクセス良好の東京・横浜の駅近物件を多数取り揃えています。都内主要駅へのアクセスしやすいロケーションです。家具家電、備品などにおしゃれなデザインのものをこだわって選ばれたものです。

●経費削減

通常の賃貸物件にかかる礼金・手数料が無料。(保証金の初期費用はかかりますが退去時に原状回復費用等を差引し返金されます。)
家具家電付きで、テレワークに必要なオフィスアイテムのオプション貸し出しもあり、新たに買い揃えたり配送する手間がありません。

●簡単手続き

業務の効率化はビジネスで重要です。スマホひとつでお申込み、来店不要でご契約の手続きが完結できます。チェックアウトまで全てをオンラインで完結します。

●質の高いサービス

コンシェルジュサービスにより専門スタッフが滞在中のサポートを日本語英語どちらでも対応します。鍵の受け渡しもコンタクトレス、清掃サービスで清潔と安全を保ちます。
オプションサービスにより、フィットネスアイテムの貸し出しやビジネスに必要な備品の貸し出しなど細やかなサービスを提供しています。

●高評価レビュー

法人のお客様から個人のお客様まで、国内国外問わず多くのリピーターのお客様にご利用いただいております。法人契約に実績があり、100件以上のご意見ご感想をいただいており、90%以上のご滞在者様から高評価をいただいております。

 

メトロレジデンスのマンスリーマンションでは、ご利用中の定期清掃(タオル・シーツ交換を含む)をオプションで提供しています。家具家電やインターネット環境の整った部屋ですぐに利用が開始できます。出張の宿泊先を検討されている企業様はぜひ一度お問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

 

こちらもおすすめ

MetroResidences
◇Follow MetroResidences◇ サービスアパートメントの最新情報やお得なキャンペーンをメトロレジデンスのFacebookInstagramTwitterでお届けしています。ぜひフォローください!