シンガポールに移住することになった際に多くのファミリー層が悩むのが、子供が通う学校選びです。

シンガポールにはインターナショナルスクールとローカルスクールの2種類の学校があり、それぞれにメリットやデメリットが存在しています。さらに国全体で学校の数が多くなっているので、自分の子供にはどちらに通わせた方がいいのか、どの学校に通わせればいいのか比較検討する必要があるのです。

そこで今回はシンガポールのインターナショナルスクールとローカルスクールについてそれぞれメリットやデメリットを紹介していきます。

 

ローカルスクール

まずローカルスクールですが、これは日本で言うところの公立の学校を指しています。特徴としてシンガポールの公用語である英語が使用されている点が挙げられていて、それ以外にも授業でマレー語や中国語、タミル語などを選択して勉強できるようです。日本人の場合は母国の履修を免除される場合がありますし、移住の際にシンガポールの国籍を獲得している場合は学費が無償になる点が魅力とされています。

そんなローカルスクールのメリットは、何と言っても国籍を取得していれば学費が無償になる点です。日本の公立の学校の場合は入学費用などが免除になる程度で、学費そのものは公立であっても負担しなければいけません。それに対してシンガポールの公立の学校は学費関係のものは無償で提供してもらえるので、少しでも節約したい人やあまりお金を掛けたくない人にはおすすめです。

さらにもう一つのメリットとしては英語以外の国語も勉強できるところで、一つの学校で中国語やマレー語を身につけられる可能性が高いところは大きなポイントになっています。大人になると1か国語でも覚えるのが大変なので不安を感じる人も少なくないのですが、子供の場合は大人よりも吸収がいいので複数の言葉を自然と覚えていける可能性があります。このため、様々な言葉を勉強させたいと考えている人にもローカルスクールはおすすめできると言えるのです。

ほかにも地元の人たちやその子供たちが通っている学校なのでシンガポールの文化や考え方を知る機会になりますし、早くシンガポールになじみたいと考えている人にとってはインターナショナルスクールよりもローカルスクールの方がいいという声もあります。

ただしデメリットとして「国籍を取得していなければ学費が高額である」点や「学校を選べない」点、「すべて英語の授業なので子供がついていけなくなる可能性がある」点などが指摘されています。学費に関しては、国籍を取得している人が無償とされているのは国籍を持っていない人たちの学費によって賄っているためなので、移住してローカルスクールへの入学を検討する場合にはできる限り国籍を取得しておいた方がいいようです。さらにインターナショナルスクールと違って授業が英語のみなので、全く英語の勉強をしてこなかった子供の場合は授業についていけないだけではなく、友達ができないなどのトラブルや悩みを抱える可能性があります。

ちなみに学校を選べない点に関しては国籍を持っている人から優先的に抽選で決定していくシステムになっているので、学区などは存在していません。このため国籍を取得していなければ不人気のローカルスクールになってしまう可能性があるので、国籍の有無は非常に重要であるとされています。

 

インターナショナルスクール

ではインターナショナルスクールはどのようになっているのかというと、こちらは外国籍を持っている人向けの学校として利用されています。シンガポールの国籍に変更している場合でも利用できるようになっていて、幼稚園から小学校または中学校まで一貫して同じ学校で授業を受けられるところが多いのが特徴です。このためシンガポールに移住した人の多くがインターナショナルスクールを利用しているほか、母親と子供だけで語学勉強のために利用するケースもあります。

そんなインターナショナルスクールのメリットは、日本語での授業がある点です。ローカルスクールの場合は語学の授業以外は基本的に英語なのですが、インターナショナルスクールの場合は語学以外も選択していれば日本語での授業が受けられます。このため英語がわからないという子供でも安心して授業が受けられますし、英語を勉強しながらでも日本語を忘れないようにできる点が大きいです。移住してそのまま永住するのであれば日本語を忘れてもいいという人もいますが、万が一日本に帰国した場合に困るので日本語も忘れないように英語を勉強させることができるインターナショナルスクールはおすすめされています。

ほかにも個性を大切にしてくれる学校が多いですし様々な国籍の子供が通っているので、のびのびと楽しく勉強しながら様々な国の人たちとの交流ができるところもインターナショナルスクールならではのメリットとなっています。

デメリットとしては学費の面が挙げられており、どうしても高額になってしまう傾向があります。このため費用面でできるだけ抑えたいと考えている人にとっては手痛い出費になる可能性があるのですが、学校としての設備やシステムが充実しているので高額でも致し方ないと納得している人も多いようです。

まとめ

このようにシンガポールにある学校は大きく分けてインターナショナルスクールとローカルスクールに分けられるのですが、移住後に国籍を取得していればどちらに通っても問題ありません。そのため、それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握し、それを踏まえて移住の判断や子供が安心して勉強できる環境を選んであげることが大切です。

Leave a Reply