マレーシアへの移住を考えている、あるいは駐在勤務が決まったけれど、英語は苦手だし賃貸物件の探し方がよくわからない…。そんな方向けに、マレーシアでの家探しで日本と異なる点について詳しく解説します。

マレーシアで家探しの際に注意したいポイント

1.住宅の種類と家賃相場

まず、マレーシアの賃貸物件として一般的なものに、コンドミニアムがあります。コンドミニアムというのは分譲賃貸マンションのことで、家具付きの物件も多く、日本人駐在員の方などに人気があります。コンドミニアムの契約期間ですが、多くの場合は2年間の定期契約となります。1ヶ月当たりの予算としては、1500RM~5000RMくらいを見ておくのが妥当でしょう。

2.エージェント探し

マレーシアで物件を借りる際に必要となるのが、オーナーとの間に入るエージェントとの契約です。目を付けた物件に直接足を運び、エージェントの名刺をもらって自分でコンタクトを取るか、不動産情報サイトから物件とエージェントの両方を探すのもよいでしょう。ちなみに、マレーシアのエージェントに資格制度はなく、素人が急に始めようと思い立ってもすぐになれるような職業です。ひどい業者になると、顧客から預かった初期費用をオーナーに渡さず、持ち逃げしてしまうケースも中にはありますので、エージェントを探す際にも見極めは必要です。最近では日系の不動産会社の参入も増えているので、デポジットの持ち逃げが心配な方や英語に不安がある方は、翻訳も兼ねてくれるこちらに頼むのが安心ですね。

3.交通の便

マレーシアでは日本のように公共交通機関が発達していないので、どうしても車での移動が多くなります。そのため会社から車が支給されるケースもよくあります。職場までの経路で渋滞しがちなポイントがあったり、メインの市街への便が悪かったりすると、生活に支障をきたすことになるので、交通状況には気を付けましょう。

4.治安・セキュリティ

セキュリティや物件管理の体制はオーナーによってかなりばらつきがあるので、事前に把握しておきましょう。周辺の治安によっては犯罪に巻き込まれるケースもあるので、ご家族での移住を考えている場合は特に気を付けたいところです。

5.インフラ設備

日本と違いマレーシアの物件では電気系統、水回り設備のトラブルがよくあります。実際に内覧する段階で、電気が点くか、トイレの水が流れるかなどの設備のチェックはしておきましょう。特に日本人の方は入浴の習慣があることが多いので、浴槽に貯められる量の熱いお湯が出るのかどうか、などは事前に確認しておくのがベターです。

6.初期費用

物件を借りる際の初期費用として、一般的には家賃4ヵ月分の金額が必要となります。初月の家賃、保証金(1ヶ月分)、水道光熱費保証金(0.5~1ヶ月分)、印紙税+登録手数料(家賃の2割程度)、それからエージェント手数料(たいていは家賃1ヶ月分)といった内容です。

契約・お支払い

さて、気に入った物件が見つかり、契約段階に進んだとしましょう。契約を結ぶ前にも気を付けておきたいポイントがいくつかあります。先ほども申し上げた通り、マレーシアの物件には初めから家具が備わっている場合がよくあります。そのため、入居前に何の備品があったのか、リストを作成してもらうのがよいです。退去する際にトラブルに巻き込まれないためにも、手書きであっても必ず備品リストは用意してもらいましょう。
それらの備品が万が一故障した際、修理費用をオーナーが負担するのか、それとも自分たちで修理するのかという点も、契約段階でクリアにしておきましょう。通常は借主が修理する場合が多いのですが、オーナーによっては修理してくれることもあるので、事前に交渉しておくのがよいです。
緊急の場合などに備えて、あらかじめ修理業者の連絡先をオーナーに聞いておくのも大事ですね。

毎月の家賃を支払う際には、通常キャッシュデポジットという振込方法を用います。これは誰がお金を入金したかわからないシステムになっているので、振り込んだ際は必ずレシートを保存しておきましょう。レシートをコピーしてオーナーへのメールに添付しておけば、自分にとってもオーナーにとっても、誰が家賃を支払ったのか一目瞭然なので安心ですね。
それから契約期間です。こちらは1年か2年の契約となりますが、契約期間中に引っ越しをしたくなっても、定められた期間は家賃を払い続けなければならないので気を付けましょう。

まとめ

駐在勤務だが1年も2年も滞在するかわからない、もっと気軽に家を借りたいという方には、サービスアパートメントという選択肢があります。サービスアパートメントというのは、法人が経営しているマンションのことです。通常のコンドミニアムよりも割高となりますが、家賃の中にメイドサービスや光熱費などが含まれているケースも多く、ホテルのように1か月単位の短期で滞在することが可能です。
サービスアパートメントの物件探しから退去まで、包括的にサポートしてくれます。コンドミニアムを借りるための煩雑な手続きも不要なのでぜひ利用してみてください。

メトロレジデンスはシンガポール・香港・東京でサービスアパートメントを運営しています。この3ヶ国でサービスアパートメントを利用したい際はぜひご利用ください。

Leave a Reply