本格的な同棲を始める前の「お試し同棲」や、週3回お泊りする程度の「プチ同棲」にも、マンスリー(ウィークリー)マンションやサービスアパートメントが最適なことをご存知でしょうか?

この記事では、お試し同棲やプチ同棲にマンスリー(ウィークリー)マンションやサービスアパートメントがなぜ最適なのかを見ていきます。

そんな同棲生活におすすめしたいメトロレジデンスの物件も合わせてご紹介します。

お試し同棲にマンスリーマンションやサービスアパートメントがオススメな理由

お試し同棲にマンスリーマンションやサービスアパートメントがオススメな理由
acworksさんによるPhotoACからの画像>

つきあい始めて一定の期間がたち、いざ同棲を始めるカップルであれば、住まいを探すのも楽しい作業でしょう。そんな時、通常の賃貸マンションだけでなく、マンスリーマンションやサービスアパートメントという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

ここでは、本格的に同棲を始める前のお試し同棲に、マンスリーマンション・サービスアパートメントがおすすめな理由をご紹介します。

本格的な同棲を始める前にお試しができる

一緒にいる時間を増やしたい、結婚を視野に入れているという人であれば、同棲を検討する機会もあるでしょう。
仕事が忙しくてなかなか会えなかったり、現在は実家暮らしだったりすると、2人で落ち着いて過ごせる場所が欲しいところです。

とはいえ、契約時にかかる費用や現在の家の契約関係、これまでの自分の生活が変わることを考えると、やや尻込みしてしまう人もいるかもしれません。

そんな方にもおすすめなのが、月単位で気軽に借りられるマンスリーマンションやサービスアパートメント。本格的な同棲を始める前に、2人で暮らしている感覚をつかむことができます。

気になるエリアにお試しで住むことができる

どちらかの職場や学校の近くや2人が気に入っている街など、住んでみたいエリアがあっても、そのエリアが本当に住みやすいのかは、実際に生活をしてみないことにはわかりません。

人気の高いエリアであっても、実際に暮らしてみると買い物が不便、治安が気になるなど想定外の事情が見つかり、部屋を借りてから後悔することもあります。

マンスリーマンションやサービスアパートメントであれば、気になるエリアにお試しで暮らしてみることができ、実際に生活を送ってみることで、そのエリアの実情がわかります。
実際に通勤通学をしてみることでお互いに負担がない範囲なのかもわかるでしょう。

短期間から借りられるからお試しにぴったり

短期で借りられるマンスリーマンションやサービスアパートメントこそ、プチ同棲やお試し同棲に最適です。

通常の賃貸マンションでは契約期間は2年間のケースが多いため、お互いの仕事の事情や結婚の予定などを考えると躊躇してしまう人がいるのもうなずけます。

一方、マンスリーマンションやサービスアパートメントであれば月単位で借りられるのはもちろん、3か月や6か月程度の契約期間で区切りをつけて住むことができるので、お互いの金銭感覚や生活スタイルを見極めるうえで必要な期間を定めて一緒に暮らすということが可能です。

2人で住めば会える時間が増えるのはもちろん、生活費が抑えられる側面もあります。
余計な気負いや精神的な負担をむやみに増やすことなく一緒に住み始めることができるのは、マンスリーマンションやサービスアパートメントの大きな魅力でしょう。

プチ同棲でマンスリーマンションやサービスアパートメントを使うメリットNOELLEさんによるPhotoACからの画像>

プチ同棲でマンスリーマンションやサービスアパートメントを使うメリット

ずっと誰かと過ごすのはちょっと抵抗がある…という人でも、隔日や週末だけといった程度のプチ同棲ならハードルは低いでしょう。

ここでは、マンスリーマンションと通常の賃貸マンションを比較し、プチ同棲でマンスリーマンションやサービスアパートメントを使うメリットを明らかにします。

以下の関連記事もご覧ください。

関連記事:マンスリーマンションとは?メリット・デメリットや選び方を大調査

短期で借りられる

通常の賃貸マンションの契約期間は2年間のケースが多く、退去をする場合は1ヶ月前までに解約の申し入れをし、さらに契約を更新する場合は既定の更新料の支払いが必要です。

その点、1ヶ月単位で入居できるマンスリーマンションやサービスアパートメントのほうが気軽に同棲を始められるというメリットがあります。
万が一何かの事情で退去せざるを得ない状況になっても、比較的手続きが簡単なことが多いです。

初期費用が比較的少なくてすむ

通常の賃貸マンションを借りる際には、敷金・礼金や仲介手数料、保証料など多くの初期費用がかかり、ある程度のまとまったお金が必要になります。

一生その場所にその人と住むか決めていない段階で、大きな出費はできるだけ節約したいでしょう。
賃貸マンションの場合、実家暮らしなら新たに家具や家電を新調しなくてはなりませんし、一人暮らしであっても引っ越しにかかるお金も負担になります。

ですが、マンスリーマンションであれば契約に伴う初期費用が比較的少なくすみますし、必要な家具や家電製品があらかじめ揃っているので、入居してすぐに普通の生活を送ることができます。

まとまったお金がなくても気軽に借りられるのが、マンスリーマンションやサービスアパートメントの強みです。

保証人が不要

通常の賃貸マンションを借りる際には連帯保証人が必要です。さらに、保証人を立てない場合や、より確実な保証が必要な場合は、家賃保証会社に保証料を支払わなくてはなりません。

マンスリーマンションやサービスアパートメントは連帯保証人や家賃保証会社との契約は原則不要なので、賃貸マンションと比べると敷居がずっと低くなります。
ただし、運営会社によっては保証人が必要な場合がありますので、契約時にご確認ください。

家具・家電が不要で引っ越しの負担が少ない

賃貸マンションを借りる際には、家具や家電製品などの家財道具を揃えて引っ越しをすることが必要で、非常に面倒でお金もかかります。

固定費用を抑えて、2人の時間を大切にしたい同棲カップルにとって、手間とお金を取られるような引っ越しはできるだけ避けたいところです。

マンスリーマンションはあらかじめ家具や電化製品が備わっているので、極端に言えば最小限の荷物をスーツケースで持ち込めば、翌日からでも2人の新生活をスタートできます。

マンスリーマンション会社によってはカップルプランがある

単身用の賃貸マンションやマンスリーマンションで同棲をすると、規約違反で賃貸契約を解除される恐れがあります。

マンスリーマンションやサービスアパートメントの運営会社によっては「カップルプラン」が用意されており、2人で安心して部屋を借りることができます。
カップルプランの物件では、備え付けでダブルベッドがあるなど、同棲にもぴったりな物件も多いです。

同棲にマンスリーマンションやサービスアパートメントを使う時の注意点

同棲にマンスリーマンションやサービスアパートメントを使う時の注意点

マンスリーマンションやサービスアパートメントはプチ同棲やお試し同棲を始めるのに最適ですが、借りる際にはいくつか注意事項があります。

ここでは、同棲ライフにマンスリーマンションやサービスアパートメントを使用する際の注意点について説明します。

2人入居可能物件かよく確認しておくこと

マンスリーマンション・サービスアパートメントには、単身赴任や出張にきたビジネスパーソンに最適な単身用の物件も多いです。

プチ同棲やお試し同棲にマンスリーマンションを利用する際には、2人入居可能なマンスリーマンションを利用しましょう。
1人用物件に隠れて2人住んでいると、後々のトラブルになるので絶対にやめましょう。

2人入居だと追加料金がかかる場合もある

2人でマンスリーマンション・サービスアパートメントを利用する場合は、1人分の料金ではなくまれに追加料金がかかる場合があります。
その理由の一つとして、マンスリーマンションでは、家賃に光熱費や水道代が含まれており、これらが一人当たりの平均費用ベースで算出されているからです。

2人で入居する際の追加料金については運営会社によって違いがあるため、マンスリーマンションを借りる際に確認しましょう。
2人目に賃料の半額程度か、利用日数分の水道光熱費が別途必要になることがあります。

2人で住む場合に1人分の賃料が丸々かかることは少ないですが、1人で借りる場合よりも料金は少し高くなることもあります。

1人料金で2人が利用しているのが判明すると最悪退去の場合も

単身用のマンスリーマンション・サービスアパートメント物件を、2人で利用していることが判明すると、最悪の場合退去させられることがあります。
このような事態になることを避けるためにも、契約時にはもう一人入居者がいることを明確に伝えておくことが大切です。

ルール違反と知りながらビクビクしながら暮らしていても、充実した同棲生活は送れません。
マンスリーマンションやサービスアパートメントを借りる際には、規約を確認したうえで2人の新生活に最適な物件を選びましょう。

メトロレジデンスのカップル向けマンスリーマンション・サービスアパートメント

きぬさらさんによるPhotoACからの画像>

 

メトロレジデンスのカップル向けマンスリーマンション・サービスアパートメント

プチ同棲やお試し同棲をしようと考えている方は、東京都内でマンスリーマンションやサービスアパートメントを多く取り扱うメトロレジデンスにお気軽にお問い合わせください。

ここでは、お二人のスタートに最適な都内のマンスリーマンションやサービスアパートメントを紹介します。

メトロレジデンス幡谷 1LDK

メトロレジデンス幡谷メトロレジデンス幡谷は2019年11月に建築された新築の物件で、京王線「幡ヶ谷」駅から徒歩約11分の立地にあります。

電車やバスで渋谷にも新宿にも簡単にアクセスでき、生活に便利です。幡ヶ谷エリアは都心にありながらアットホームな商店街もあり、コンビニエンスストアやスーパーマーケットもたくさんあるので、生活に困ることはないでしょう。

35㎡以上と比較的広めなので、生活空間を分けることもでき、二人入居でも生活しやすいででしょう。アースカラーの落ち着いたトーンは男女問わず飽きのこないデザインになっています。

『メトロレジデンス幡谷』の物件情報

ガリシア笹塚 1DK

ガリシア笹塚ガリシア笹塚は2018年12月に建築された築浅の物件で、京王線・京王新線「笹塚」駅から徒歩約4分の立地にあります。

笹塚エリアは新宿へのアクセスもいいことから、老若男女を問わず人気が高いエリアです。
駅前には複数の商業施設があり、大きな商店街までも徒歩約1分。コンビニやスーパーも徒歩5分圏内に複数あり、申し分ない過ごしやすさでしょう。

住む人を選ばないナチュラルなデザインで、明るい色調のお部屋です。
バス・トイレ別で、暖房乾燥機も備わっています。

『ガリシア笹塚』の物件情報

プリマクラッセ初台 1DK

プリマクラッセ初台プリマクラッセ初台は2019年7月に建築された新築の物件で、京王新線「初台」駅から徒歩約4分の立地にあります。

新宿から足を延ばせば歩ける範囲という好立地であるにも関わらず、この価格帯にも関わらず2人で入居可能な物件は珍しく、1LDKタイプはなかなか空室が出にくい物件です。

徒歩5分圏内にコンビニが2軒、徒歩10分圏内にスーパーやドラッグストアが複数あり、かなり快適に暮らせるでしょう。

『プリマクラッセ初台』の物件情報

祐天寺/中目黒メゾネットアパートメント 1LDKメゾネット

祐天寺/中目黒メゾネットアパートメント祐天寺/中目黒メゾネットアパートメントは2019年に建築された新築の物件で、東急東横線「祐天寺」 駅から徒歩約4分の立地にあります。

シェアタイプと個室タイプ、両方のお部屋がありますが、いずれもキッチンは共用でシェアハウスのような雰囲気も楽しめます。
昔ながらの商店街や個人経営の飲食店が並ぶ祐天寺エリア、洗練された店が軒を連ねる中目黒エリアに近く、三軒茶屋や学芸大学周辺も生活圏に入れられるでしょう。
東急東横線を利用すれば、渋谷や横浜へも一本でアクセスできます。

徒歩圏内にコンビニエンスストアやスーパーマーケットが複数あり、生活利便性は良好です。
こちらの部屋はメゾネットタイプになっており、1階にはリビングとキッチン、地下1階にはバスルームと洗面スペース、トイレがあります。

『祐天寺/中目黒メゾネットアパートメント』の物件情報

 

まとめ

マンスリーマンションやサービスアパートメントは「プチ同棲」「お試し同棲」に最適で、賃貸マンションを借りるよりもハードルが低くおすすめです。引っ越しの手間もかからないので、すぐに2人で新生活をスタートできます。

都内でカップル向けのマンスリーマンションやサービスアパートメントを探している方は、メトロレジデンスにお問い合わせください。
予算やご希望に応じて、同棲生活を始めるのに最適な物件を紹介させていただきます。

 

まとめ

toyaさんによるPhotoACからの画像>

 

MetroResidences