ホームシェア市場は技術革新によって可能になり、世界を席巻しています。

 

それは旅行者のためのより手頃な価格のオプションを作成していますが、住宅所有者/ホストはどの程度まで利益を得ているのでしょうか?

 

バケーションレンタルのモデルは簡単です。

 

不動産所有者は、内部の写真を撮り、説明を書いて家をリストアップしますが、旅行者は数泊 (平均3〜7泊) 予約します。

 

確かに、その物件が便利な場所にあり、アパートの状態がきれいに保たれている場合は、当然収入が高くなります。

 

これによりホストの評価が向上し、時間の経過とともにレンタル収入が増加します。

 

しかし、客のプロフィール、チェックイン/アウトとハウスキーピングなどの繰り返す面倒な作業がネックでもあります。

 

MetroResidencesでは、1回限りの訪問をしている観光客ではなく、長期滞在の企業の出張者を対象にしています。私たちは、不動産所有者と提携して、不動産を設備の整った企業向けサービスアパートメントに変え、企業顧客のビジネス滞在をより手頃なものにします。

 

不動産を企業のサービスアパートメントに変換する理由は3つあります。

 

 

 

1.安定した賃貸収入 – 最大で30%以上

 

コーポレートレンタルはバケーションレンタルとは違います。

法人顧客は長期間(平均3ヶ月間)滞在します。

彼らの滞在の目的は、プロジェクト、短期の仕事の割り当てを中心です。

ざっと見積もりをしてみると、物件のオーナーは3泊前後のバケーションレンタル滞在に比べてより大きな収入を得ることができます。

 

首都圏のアパートメントの場合、資産所有者は、従来のレンタルと比較して最大30%のレンタル収入増を期待でき、年間平均占有率は85%です。

 

 

2.コーポレートゲストはあなたのアパートを自宅のように扱います(ホテルのとは違い)

 

MetroResidencesテナントは、一時的に日本に赴任した評判の良い会社からの中堅から上級管理職です。

コーポレートゲストの心構えは、ホテルのように家を扱う観光客とはまったく異なります。

彼らは長時間滞在しているため、家の維持管理をより良くし、近隣住民を尊重し、アパートでパーティーを開催、ダメージを与えません。

また、MetroResidencesでは、資産所有者を予期せぬ事態から守るために、お客様に保証金を支払っていただいています。

3.手間がかかりません –私たちに面倒くさい仕事は任せて下さい。

MetroResidencesの資産所有者は常にゲストのチェックインとチェックアウトの手間を省くことができます。

また、滞在者のゴミを掃除する必要もありません。

 

これらの管理業務およびハウスキーピング業務はMetroResidencesによって提供され、フロントデスクのスタッフがお客様のニーズに対応します。

 

さらには、1週間に1回、生活空間を清潔に保つためのハウスキーピングもあります。

いかがですか?私たちの資産管理チームと話してみませんか?

 

私たちのビジネスモデルは資産所有者に協力し、企業レンタルの有用性を示します。

 

私たちの資産管理チームにご連絡ください。これは、私たちが探している物件の種類に関するいくつかのガイドラインです。

 

条件:よく整備されたアパート(新しい物件が優先)

場所:最寄り駅まで徒歩10分。

都市、ビジネス&商業エリア。大きさ:スタジオ、1ベッドルーム、2ベッドルームが特に好ましい。

 

こちらまで連絡下さい。

assets.jp@metroresidences.com